2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

おすすめ&Shopping

  • ▼ここのスポーツブラはおすすめです
  • ▼足の太い私でも履ける4DMのサポートタイツ♪
無料ブログはココログ

« ウォルト・ディズニー・ワールド・マラソン レポート~その7~ | トップページ | ウォルト・ディズニー・ワールド・マラソン レポート~その9~ »

2010年1月26日 (火)

ウォルト・ディズニー・ワールド・マラソン レポート~その8~

■フルマラソン(3)

Animal Kingdom手前の14マイルか15マイル辺りのエイドでバナナを食べました(マイル毎に表示看板があったのですが、この写真を撮ってなかったので、何マイルのことだったか分からなくなっています。coldsweats01ちゃんとマイル看板の写真も撮っておけばよかった・・・)。
日本の大会と違ってバナナ丸ごと1本渡されるので、かじかんだ手で皮をむくのも面倒だし、一気に食べるには食べづらい・・・しかも冷たくなってるので硬い・・・でも、もったいないし、何だかんだ言ってお腹空いているので全部食べました。

実はコース図を事前に見てたのに、Magic Kingdomの次はHollywood Studiosだと思い込んでいた私。

「なんか動物園的な、いい感じの匂いがするなぁ~。」と思っていたら、やっぱりAnimal Kingdomでしたsweat01

100123_15 ←初日に来たところだ~。

100123_16ak ←Animal Kingdomで会ったキャラ達。

入口にはドナルド&デイジーがいて、出る時にミニーとミッキーがいました。後ろにはちゃんとパレードの時のフロートが置いてあって、またまた感激!

17.5マイルのエイドでゼリーを配っていたのでもらって、次の給水で食べました。(ホントはストロベリー以外のが欲くて、コーヒー味を配ってるところで手を出したつもりだったけど、食べたらストロベリーでした。coldsweats01

それが悪かったのかどうか、このあたりから足がクタクタで、『走ってる』というよりは『リズミカルに歩いてる』みたいな感じになってきました。

Animal Kingdomを出たあたりで4:15のペースランナーに抜かれたので、写真撮って走ってるわりには速いペースだったみたいです。(最初のハイペースぶりをここで実感catface

もう歩いている人は抜くけど、走っている人にはほとんど抜かれる状態に・・・。人がどんどん前に流れていきます。
[このあたりの写真が全くないのが辛い状況を物語ってます。]

Hollywood Studiosの手前の折り返しですれ違うGoofy Challengerを見つけては、「自分も頑張らねば・・・。」と思って、ひたすら足をリズミカルに前に出します。(もう、気持ちよく走ってる感覚はありませんcrying

この後何だか気持ち悪くなってきて、吐き気が・・・。
吐きたいのに走り続けるって辛いんだなぁ。奥武蔵の時のUさんのことを思い出しながら、「あの時、こんな感じだったんだなぁ。」と実感。

「走るのを止めたら治るかな?」と思ったけど、一度歩いたら何度も止まることになりそうな気がしたのと、「歩いたら寒いだけだ。」というのがあったので、とりあえず、このまま最後まで頑張ることに。

Hollywood Studiosの建物が目に入ってからパークに入るまで、風があったせいか、スピードが極端に落ちたせいか、やけに寒く感じました。

でも、パーク内でキャラを見つけると、やっぱりテンションup!happy01

100123_17hs_2 ←Hollywood Studiosにいたキャラ達

マイクは大好きなので、嬉しかったです。(後ろに23マイルの看板があります。)他はTDRにはいないキャラばっかりですね。右下のにわとりみたいなキャラはすごいパワフルでした。

アトラクションのバックロットツアーのコースを通った時、建物の中のスタッフが何人かこっちを見てたので、手を振ると、中で「フゥー!」「頑張れ―!」って盛り上がってくれました。この乗りが嬉しいですhappy01notes

でも、相変わらず吐き気は治まらず、トイレがあったので用を足しながら様子を見ることに。[パーク内のトイレに入れるので快適です。]

走ってないと、特に吐き気をもよおす感じじゃなくなるので、トイレ掃除のお姉さんと、トイレの前にいた係りのおじさんにお礼を言って、そのまま再びコースに戻りました。

この頃にはパークも開園しているので、お客さんもいっぱいいて応援してくれました。

100123_17 ←ラストはチップ&デール。

でも、この写真、いつ撮ったか全く記憶がないんです。意識が朦朧としてたのかな・・・coldsweats02。そのわりには嬉しそうにポーズ取ってる・・・。

 

気が付くとボードウォークを走っていて、まわりの人も増え、中にはゼッケンに書いてある名前を呼んで応援してくれる人も。嬉しかったっすconfident

100123_18 ←こんな素敵なところも走ります。

吐き気はあいかわらずだったので、「こんな人が多い所で急に吐くことになったらどうしょう・・・。」と、そんなことばっかり考えて、植木の隙間とか土のあるところばっかり見て走ってました。weep

またまた気付くと日本の建物らしきものが・・・。「もしかして、もうEPCOTの中?」
あとちょっとかと思うと、急に元気が出てきて、応援に答える元気も出てきました。

昨日と同じく最後のゴスペルの皆さんに「Thank you!」と手を振って、いよいよゴールへ!

 

今日はゴールにGoofyとDonaldがいて、ゴールするランナーとタッチしていました。
ホントはGoofyとタッチしたかったけど、気付いた時にはもう右側のDonaldの方にいて、左隅のGoofyとタッチするには真横に走ることになるので、Donaldとタッチしました。

あ~、しんどかった~。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ人気ブログランキングへ

↑ブログのランキングに参加しています。↑
  ポチっと応援ありがとうございます。

« ウォルト・ディズニー・ワールド・マラソン レポート~その7~ | トップページ | ウォルト・ディズニー・ワールド・マラソン レポート~その9~ »

大会レポ」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん苦しいレース展開だったんですね。
早く走れるようになるのは楽しいのだろうけど、
その分、カラダへの負担も大きいのだなということを
MikoMikoさんのレポートから実感いたしました。

ところで、ClifのShot Gelのモカ味、食べました。
私はストロベリーが欲しかったんですけど、
受け取ったのがモカ味で・・・。
学校給食の小さなビニール袋入り
チョコレートスプレッドってお分かりになりますか?
食感はあんな感じで、味はカフェインがいっぱい入っている
眠気覚ましドリンクみたい。
食べ物は極力残さない主義なんですが、
半分くらいで敢えなく降参しました。
Clifのサイトを見ると、ダブルエスプレッソというshot gelもあるようで、
いったいどんな味なんだと、性懲りもなく飲んでみたくなってしまいます。
(カフェイン含有量はモカの2倍、100mg!)

<ご参考>
http://www.clifbar.com/food/products_shot_gel/
(BROWSE OTHER FLAYVORSで味を選んでください)

ziroさん、

モカ味食べたんですね。
眠気覚ましドリンクみたいってことは、ちょっと苦みもあったのかな?
ジャムみたいなストロベリーよりはいいかなと思ったんですけど、あまり濃い味だと何だかお腹痛くなりそうですね。ストロベリーでよかったのかな・・・?
ストロベリーも、手がかじかんでたおかげで、グローブにべっちょり着いちゃって、半分くらいしか食べれませんでしたcoldsweats01

以前フルマラソン中にコーヒーがすごく飲みたくなった時があったので、そういう時はダブルエスプレッソ、よさそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254597/33128081

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルト・ディズニー・ワールド・マラソン レポート~その8~:

« ウォルト・ディズニー・ワールド・マラソン レポート~その7~ | トップページ | ウォルト・ディズニー・ワールド・マラソン レポート~その9~ »

***